教えることが純粋に楽しい。

アレクサンダーテクニークの世界、ワークは奥が深くて、おもしろくて純粋に楽しい。好きだ。

自分のアイディアが形にならなくて思うようにいかないときもあるけれどそれも含めておもしろい。仕事としてやってるけれど、仕事じゃなかったとしてもやっている。

ワークを通して有機的でダイナミックな人間の姿に出会う度に、生きてるってこういうことだなぁ。と思う。

元々、年を重ねていくことは楽しみだったけれど、ATをはじめてから益々楽しみになった。

80歳になる頃にはどんな風に考えて、どんな風にワークをしているかな?なんてたまに考える。

一生を通じて深めていったらどんな風に世界を見て、理解するようになるんだろう。